はじめに Edit

このページは、ふるふるwikiの「おすすめキャラ」ページの改善案を載せるためのページです。

以下改善案 Edit



ふるーつふるきゅーとのおすすめキャラに関する包括的な紹介ページとなります。

用語解説 Edit

ゲーム内で明確に表記されてはいないものの、
キャラはいくつかーの役割でわけると理解しやすいため、このページ内では下記のように定義している。

アタッカー
敵に(直接)ダメージを与えることが役割のキャラ。敵に大〜特大ダメージを与えるスキルを持つキャラが該当する。
FCチャージャー
FCを1人で大量に稼ぎふるボッコを1(〜2)ターンで発動させる起爆役のキャラ。9〜11連撃スキルを持つキャラが該当する。
サポーター
味方を強く、敵を弱くすることが役割のキャラ。敵防御力低下や味方攻撃力上昇などのスキルを持つキャラが該当する。
タンク
防御力やHPが高く、敵の攻撃を引受けることが役割のキャラ。挑発やデバフ付与など敵に狙われやすくなるスキルを持っていることが多い。
ヒーラー
味方のHP・MPを回復させることが役割のキャラ。回復の他に味方の防御上昇or被ダメージ低下なども併せ持つ。
マルチ(万能型)
編成制限のかかる高難易度(フルバス、降臨戦等)やキャラに偏りのある初期に役立つ複数役をこなせるキャラが該当する。
助っ人
戦闘開始前に他プレイヤーから借りてパーティの6枠目として戦闘に参加するキャラ。サポーターと混同されやすいが別物なので注意。

基本的な考え方 Edit

現在、ふるふるには、次のコンテンツがある。

  • 通常ダンジョン(メインストーリー、デイリー、イベント等。基本4WAVE。稀に1WAVE、2WAVE。難易度低)
  • 高難易度ダンジョン(メインストーリーの一部、討伐ダンジョン、降臨戦。1WAVEが多い。難易度高〜激高)
  • フルーツバスケット(略称「フルバス」。1WAVE(10ターン)。難易度低〜高)
  • レイド(通常、イベント。1WAVE(3ターン)。難易度低)

そして、これらを攻略するパーティ(PT)の編成パターンとしては、主に次のものがある。

  • 基本PT:サポーター(3〜4人)+単体攻撃アタッカー(1〜2人)からなるPT。編成が容易で大半のコンテンツを攻略可能
  • ふるボッコPT:基本PTの内1名をFCチャージャーに変えたPT。ふるボッコデッキの戦力3万以上必須。1月以上の育成が必要だが初期編成より汎用性高い
  • 高難易度向けPT:高難易度ダンジョンのギミック(例:暗闇付与等)に応じて上記2つのPTの内1〜2名をヒーラーやタンク、全体攻撃アタッカーに変えたPT
  • 幸運PT:スキップ可能になったステージの周回用。ボーナスドロップを取得するため幸運値100キャラを極力多く揃えたパーティ。ただし、イベントの場合は(幸運値に関係なく)ボーナス対象キャラを優先して入れる。

このゲームは育成にお金も素材もかかるため対象を絞り込むことが大事な一方、基本PTを1つ完成するだけでも大半のコンテンツがクリア可能となる。
そのため、初心者としては、このページに掲示されている「おすすめキャラ」を中心に基本PT(5人)を1つ完成させることが第一目標となる。
なお、基本PTを完成させるに当たり、フルーツメモリーは入手機会が少ないため特大ダメの単体攻撃キャラにのみ使う(または十分このゲームを理解するまで使わない)ようにしたほうが良いので注意すること。(編者はよく知らずに3人ほど使って後で大変後悔した。)

幸運PTに関しては★6を完凸した幸運100キャラを並べるのが理想形ではあるが、フルーツメモリーの入手機会からしてかなり厳しい。
まずはイベント★5キャラを完凸した幸運80キャラを並べるのがいいだろう。
周回用のPTがあるかないかで効率が大きく変わってくる。

基本PTに全体攻撃アタッカーが含まれない理由 Edit

全体攻撃アタッカーは敵単体に対しかなり低いダメージ(数千程度)しか出せない。
全体攻撃が最も生きるのはウェーブチェインを使ったときだが、ザコ敵が強力になる後半ステージでは処理しきれず、複数の敵から袋叩きにあってしまう。
それもそのはず、全体攻撃の大ダメージすら単体攻撃の小ダメージに毛が生えたレベルの威力しかない。
そのため、単体攻撃アタッカーで1WAVEごとに1体ずつ処理していくのが安定する。

基本PTにサポーターを並べる理由 Edit

(攻撃型の)サポータースキルは、主に「敵の被ダメージアップ」「敵の防御力ダウン」「味方の攻撃力アップ」「味方の与ダメージアップ」の4つのタイプからなり、タイプの違うスキル同士は効果(ダメージ倍率)を乗算できる。
例えば、「敵の被ダメージ大アップ(ダメージ1.9倍)」「敵の防御力中ダウン(ダメージ1.4倍)」「味方の攻撃力中アップ(ダメージ1.412倍)」「味方の与ダメージ中アップ(ダメージ1.412倍)」の4つを揃えると、ダメージは1.9×1.4×1.412×1.412で驚愕の5.3倍となる。
 これは、アタッカーを5人並べた場合を上回るため、アタッカーを大量に育成する手間が省ける。また、助っ人アタッカーがいる場合は、アタッカーを10人並べるのに等しいので、ダメージが段違いである。
 以上が、基本PTでサポーターを並べる理由である。

ふるぼっこPTの利点 Edit

ふるボッコデッキの火力が充実すると初見ダンジョンでウェーブチェインしてふるぼっこで一気に片付けられるようになる。
良くも悪くも、「季節」や「属性」は関係しない。
またふるボッコは最大で10万/回ダメージを加えられるので、フルバスや一部の高難易度でも活かすことができる。

育成の順序(例) Edit

(1)基本PT1つ(サポーター3〜4人、単体攻撃アタッカー1〜2名)育成
(2)属性ごとの単体攻撃アタッカー(4〜5名)育成
(3)その他
・幸運値80〜100キャラ育成(幸運PT向け) ※最終目標=幸運値100キャラ5人育成
・追加サポーター(6〜8名)育成(フルバス向け)
・連撃キャラ(3名)育成+FCドロップアップ武器能力解放(フルバス向け)
・ふるボッコデッキ育成

おすすめアタッカー Edit

進化後スキルで単体に特大ダメージを出せる★6アタッカー。
攻撃力のステータスが同じでも、「大ダメージ(835%)」と「特大ダメージ(1291%)」ではダメージに大きな差があるため、
この5名の出すダメージは他のキャラクターから頭一つ抜けている。

有用なため助っ人キャラとして設定されていることも多い。見かけたら優先的にフォローしておこう。
※なお、パパイヤ、アセロラは「ふるフェス」限定キャラであり常設では手に入らないので注意。
※イチジク(水着)は「水着イベント期間」限定キャラなので注意。

次点アタッカー Edit

ライム_icon.png
★6ライム (風/秋)

進化後スキルで1体に魔法大ダメージを出し、3ターン、自身のクリティカルを超絶大アップさせる★6アタッカー。
「2撃目から本気出す」スタイルで、かつヘイトを稼いで狙われやすいのに落ちやすい。イチジクのように複数役を果たす訳でもない。バナナのように覚醒させやすいわけでもない。しかも、同じ属性に最強アタッカーのキウイがいるので、スタメン落ちのリスクも高い。覚醒のオススメ度が高いとは決して言えない。
しかし、攻撃力は全キャラNo.2(覚醒前でも武器無しで2101)であり、2撃目から同じ風属性のキウイに匹敵するダメージを出す能力は出色である。
(覚醒はともかくとして少なくとも)進化させLv120まで育てた方が良く、特大ダメージクラスの★6アタッカー(特にキウイ)がいない間は、メインアタッカーとして使えるキャラであることには疑う余地はない。
スタメン落ちしても確実にふるボッコ編成に使えるので、むしろ育てない理由がないとも言えるが・・・。
また、愛があるならば、4覚してメインアタッカー(またはキウイと併用しての風サブアタッカー)として使うことは可能であるといえるだろう。
なお、キウイとは、進化前スキル(単体&自己小アップvs全体&自己中アップ)、攻撃属性(物理vs魔法)、季節属性(冬vs秋)、ダメージ源(特大vs大&クリティカル超特大)での違いがあるので、クリティカルの仕様変更等により、将来棲み分けできる可能性があるが、あくまで可能性であり、「永遠のロマン枠」のままで終わる可能性もある。
のはフルーツバスケット実装前の話。
フルバにおいてはまず10ターン殴り切ることが先決の為、キウイだとMP偏重装備やフルーティアプライドが不可欠であり、
攻撃装備で良いライムが逆転し風エースアタッカーの座をもぎ取った。
キウイを覚醒させたり、水リンゴ等のMP回復キャラを入れればキウイが再び逆転するが、
当然ながら覚醒コストの他、同じくMP不足のカムカムとの兼ね合い等3PT制における編成難易度が跳ね上がるので玄人向けである。


ブラッドオレンジは、進化後スキルが「敵単体に大ダメージ、21ターン、自身の攻撃力を大アップ」と非常に強力。
有志の検証によると攻撃力大アップはダメージが1.9倍となるので、★5とは思えないダメージを出してくれる。
こちらも闇属性のため、対応範囲は広い。
なお、ブラッドオレンジの進化スキルの後にクランベリーの進化スキルを使うと、クランベリーの「攻撃力アップ中」によってブラッドオレンジのバフが上書きされるので注意が必要。
ブラッドオレンジに限らず、バフ・デバフが効果を発揮するのは次に行動するキャラクターからになるため、自分を対象としたバフは他キャラのバフに上書きされると効果が発揮されないまま終わってしまう。
また基本倍率が低いこと、1T目はバフが必要な事からレイド向きではないし、バフ後のダメージも攻撃力が同程度のオリーブより少し強いと言ったレベル。
★6に比べるとどうしても見劣りするので過信は禁物。

カカオは、「★6版ブラッドオレンジ」、進化後スキルは「敵単体に3連撃の大ダメージ、3ターン自身の攻撃力を大アップ」と強力。
カカオはフルーツバスケットの報酬である為ブラッドオレンジより入手難易度が高いことが難点だが、その分攻撃力がブラッドオレンジよりも飛びぬけて高い。
というか、全キャラNo.1。完凸すると武器無しで攻撃力3499。現時点の最強である。
ただし、それでも次点にとどまるのは、二撃目から本気出す方式なのと、通常スキルのバフが「攻撃力小アップ」で併用できないため。
進化スキルの攻撃力大アップ「3ターン」持続も、(1〜2ターン防御してもバフが切れない点を除き)ほとんど無意味なものとなっている。
もちろん、それを差し引いても強力なアタッカーではある。手に入れたならばしっかり育てよう。
なお、ここまで書いてなんだが、実際に4凸が出た後に比較検証次第で次点から繰り上げる可能性がある。


オリーブ_icon.png
★5オリーブ (光/秋)
銀杏_icon2.png
★5銀杏 (風/秋)

どちらも進化後スキルに「敵単体に特大ダメージ」を持つ★5キャラ。
「特大」の補正がかかるためダメージは高い。

また、オリーブは光属性となるのでどの敵にも安定した活躍が可能で、4連撃なのでFCも溜めやすい。
銀杏はステータスが防御寄りになっているので、土相手以外ではオリーブに負けてしまう。


バナナ_icon.jpg
★6バナナ (春/風)
ゆず_icon.png
★6ゆず (冬/土)

おすすめFCチャージャー参照。

アタッカーとしても、無課金4凸が可能な★6のため、次点アタッカーの中でも文句なしのトップクラス。
また、1ヒット1ダメのアルマジロ等高防御力の敵を処理するのに適している。


おすすめマルチ参照。
編成の制限のかかる高難易度においては、アタッカー兼サポーター(敵単体被ダメージ中アップ)として大きな存在感を発揮する。

お手軽アタッカー Edit

レア度が低いため比較的容易に入手可能且つ高ダメージが期待できる。

進化後スキルに「敵単体に大ダメージ、4ターン自身の攻撃力を大アップ」を持つ★4キャラ。
「大」ダメージの補正に加え、攻撃力大アップ(ダメージ1.9倍)がかかるため、半端に育てたおすすめアタッカーよりダメージを出すことも。

ただ、低レアリティということもありHPが低めで打たれ弱い且つ状態異常スキル持ちのため敵に狙われやすい(ヘイトが上がりやすい)
タンクキャラ、挑発スキルを使って守ってあげる必要はある。

なお、キャロットの進化スキルの後にクランベリーの進化スキルを使うと、クランベリーの「攻撃力アップ中」によってキャロットのバフが上書きされるので注意が必要。


タマリロ_icon.png
★4タマリロ (火/冬)
茱萸_icon2.png
★3茱萸 (闇/夏)
みかん_icon.png
★3みかん (土/冬)

おすすめFCチャージャー参照。
アタッカーとしてであるが、まず、みかんは、★3トップの攻撃力に加えて、無課金4凸可能で、234武器を5つセットすれば攻撃力2543に。
「お前のような★3がいるか」と言われるほどの高い攻撃力を発揮する。
タマリロは、火属性で数少ない単体アタッカーで加えて★4でトップクラスの攻撃力。
茱萸も、闇属性で攻撃減退属性がない上に、★3の中でトップクラスのダメージを誇る。
加えて、みな、1ヒット1ダメのアルマジロ等高防御力の敵を処理するのに適している。

おすすめFCチャージャー Edit

バナナ_icon.jpg
★6バナナ (春/風)
ゆず_icon.png
★6ゆず (冬/土)
タマリロ_icon.png
★4タマリロ (火/冬)
茱萸_icon2.png
★3茱萸 (闇/夏)
みかん_icon.png
★3みかん (土/冬)

いずれも9〜11連撃のため、FC出し装備を揃えれば即「ふるボッコ」が可能になるトップクラスのFCチャージャーキャラ。

バナナは、進化後スキルで1体に9連撃の物理大ダメージを出せる★6アタッカーでもある。
ガチャに頼ることなく幸運100にでき、ルイユソード+で埋め尽くせば攻撃力3800まで上がる。
覚醒費用はほかのキャラクターと同じだが、創生樹の涙で覚醒ルーンを入手できるため幸運100にしやすい。
そのため、「ラック報酬」狙いの編成では、スタメン率が高い。
進化後スキルの消費MPも高くないため、フルバス(10ターン)でもMP切れを起こさない。
「育てやすさ」から「創生樹の涙」でまっさきに取得し、育成するべき「最優先キャラ」。

みかんは、★3だが、FCドロップ能力は十分。
攻撃力も高いため、ふるボッコデッキにも組み込めるので育成して損がない。
更に、進化後スキルも消費MPが低く、配布キャラなので創生樹の涙で覚醒可能。
進化後スキルの消費MPも低いため、フルバス(10ターン)でもMP切れを起こさない。
ホーム画面>メニュー>シリアルコード入力>12桁のシリアルコードに「HelpTheMikan」と入れると手に入れることができるので、すべての隊長さんが入手できることも利点。

茱萸(グミ)は、「闇版みかん」だが、フルバス(10ターン)でMP切れを起こさせないためには、覚醒させるか、MP回復キャラの補助か装備の工夫がいる。

タマリロは、火属性で数少ない単体アタッカーでかつ★4で育てやすいのも超有能。
ただし、茱萸と同様、フルバス(10ターン)でMP切れを起こさせないためには、覚醒させるか、MP回復キャラの補助か装備の工夫がいる。

ゆずは、「土版バナナ」だが、交換素材の「ゆずの実」の入手が「創生樹の涙」よりはるかに難しい。
ドロップする超高難易度の「カグツチ降臨戦」はゲキムズ。そのため、「育てやすい」とは言い難いので注意。
また、進化後スキルの消費MPが120と高すぎるため、武器を厳選しないとMPが10ターン持たず、フルバス候補から落ちやすい。
むろん、武器さえ揃えば、土属性FCチャージャーとして間違いない最強クラスとなるのであるが・・・。その点からも敷居が高いキャラといえる。

どのキャラもフルバスで進化後スキルを10ターン使える素地があるが、そこまでの育てやすさで順をつけるなら、バナナ=みかん>茱萸>タマリロ>ゆず。

次点FCチャージャー Edit

レモン_icon.jpg
★6レモン (冬/土)
すだち_icon.png
★3すだち (秋/土)

9〜10連撃と全体攻撃でFCを大量に発生させることができ、敵が多い通常ダンジョンでは、バナナ同様に使える。
しかし、敵が1〜2体程だと十分にFCが出ないため次点とした。(全体攻撃を持つキャラクターは敵1体が出すFC量を単体攻撃のみのキャラクターより低く設定されている)

なお、アタッカーとしては、アルマジロのような1ヒット1ダメのアルマジロ等高防御力の敵を処理するときにはバナナ等同様に使える。
また、ネフェルタリ降臨戦の第1ウェーブのようにそのような敵が複数現れる場面では、最適解となる。

おすすめサポーター Edit

敵の被ダメージアップ Edit

カムカムは、進化後スキルに「1ターン、敵の被ダメージを大アップさせる」効果を持つ。
有志の検証では、「被ダメージを大アップ」はダメージが1.9倍になる。なおふるボッコのダメージには影響しない。
つまり、カムカムが居るかどうかでその後に行動する自軍全体が与えるダメージが1.9倍違うということ。
ただし、カムカムのスキルの効果は1ターンのため基本的に先頭配置にしなくてはならず、
助っ人でカムカムを借りてきても被ダメージ大アップの後すぐに次のターンになり効果が消えてしまうため、
カムカムを使いたいのであれば自力で引く必要がある。
(なお、「1ターン、被ダメージを大アップ」はスキル発動ターンの敵の攻撃終了後に効果が切れるので、自分にそのバフが及ぶことはない。)

オリーブ(水着)の進化後スキルは「敵1体に物理大ダメージを与え、1ターン、敵1体の被ダメージを大アップさせる」というもの。
一言でいうならば、スキルの対象を1体に絞り、攻撃力と継戦能力を高めたカムカム。
使用法は、以下に述べる点を除き、カムカムとほぼ一緒である。
敵の数が多い場面では、カムカムに劣後する一方、敵が1体の高難易度では、ダメージ源の一人として活躍する。
(なお、「1ターン、被ダメージを大アップ」はスキル発動ターンの敵の攻撃終了後に効果が切れるので、自分にそのバフが及ぶことはない。)
敵単体への効果ではあるが1.9倍は侮りがたい。入手したならば、カムカム同様大切にしてしっかり育てよう。
※オリーブ(水着)は「水着イベント期間」限定キャラなので注意。

次点サポーター Edit

「敵全体/単体の被ダメージ大アップ」は、カムカムとオリーブ(水着)の2人だけ。
残りはスキルを見ても分かる通り、「敵全体の被ダメージ小アップ/敵単体の被ダメージ中アップ」以下ばかりなので、採用には二の足を踏むことが多い。
ただし、他の役割(タンク等)がすでにある場合はこの限りではないので、メインの役割+「敵全体の被ダメージ小アップ/敵単体の被ダメージ中アップ」を持つキャラを把握しておくとよいだろう。
例:アタッカー兼サポーター(敵防御力中ダウン)のイチジク、ヒーラー兼サポーター(味方の与ダメージ小アップ)のライチ、タンクのアボカド

敵の防御力ダウン Edit

進化後スキルに「敵全体に物理大ダメージを与え、3ターン、敵全体の防御力を中ダウンさせる」効果を持つ。
有志の検証によると「防御力を中ダウン」はダメージが1.4倍になり、被ダメージアップと異なりふるボッコのダメージにも影響する。
なお、進化前スキルは、「3ターン、味方全体のMPを継続回復させる」もので重複が可能。
サポーターのMPが切れて敗退、ということも珍しくないことから、これを防御力ダウンと同時に持っているのは大きな強みと言えるだろう。

※りんご(水着)は「水着イベント期間」限定キャラなので注意。

次点サポーター Edit

いずれも「敵単体の防御力を中ダウンさせる」スキルを進化前スキル又は進化後スキルに持つ。
ただし、りんご(水着)と違い、敵単体が対象のため、次点とした。
これは必ずしも欠点ではなく、単体しか出ないレイド戦やりんご(水着)の全体技ではFC値が足りない場合などでこちらの方が有利になることもある。

なお、スターフルーツは交換素材の「スターフルーツの実」を揃えることが難しい。
ドロップする超高難易度の「ネフェルタリ降臨戦」はゲキムズなので注意。
また、クリアすることができたとしても幸運が100のキャラクターが5人いない場合は入手に一ヶ月以上かかる。
(スターフルーツの実セットを購入しない場合)

味方全体の攻撃力アップ Edit

進化後スキルに「敵1体に魔法大ダメージを与え、1ターン、味方全体の攻撃力を大アップさせる。」効果を持つ。
有志の検証によると「攻撃力を大アップ」はダメージが1.9倍になる上に、「単体魔法ダメージ大」による追加ダメージも悪くない。
(ただし、「攻撃力を大アップ」はスキル発動ターンの敵の攻撃終了後に効果が切れるので、自分にそのバフが及ぶことはない。)
また、パパイヤ、ブラッドオレンジ、カカオ、キャロットとの併用も可能。
ただし重複した分のバフは無駄になるので、他に選択肢がないのでなければ避けた方が無難ではある。
唯一の弱点は、毎ターン進化スキルを使う必要があるのに、MP消費が120と高いことだが、4凸することでフルバスの10ターンも耐えられるようになる。
また、ソウルストーンのフルーティア・プライドを使用すれば装備でMPを64増やすことでも最大MPを1200にできる
ママは偉大なり?

※ぶどう(水着)は「水着イベント期間」限定キャラなので注意。


進化後スキルに「3ターン、味方全体の攻撃力を中アップさせる」効果を持つ。
有志の検証によると「攻撃力を中アップ」はダメージが1.412倍になる。
デイリーメダル交換所で交換できるため入手は容易。ただし、ゲーム開始直後は入手不可能。

なお、現状同系統のバフを重ねてかけると、前のバフを後ろのバフが上書きしてしまう仕様がある。
パパイヤ、ブラッドオレンジ、カカオ、キャロットを用いる場合は、彼女たちの「攻撃力大アップ」をクランベリーの「攻撃力中アップ」が上書きしてしまうので注意。
攻撃力中アップの効果は3ターン続くので、2・3ターン目は手動で通常攻撃(通常スキルではない)か防御を行うことで上書きを避ける事が出来る。

次点サポーター Edit

「味方全体の攻撃力中アップ」以上は、ぶどう(水着)とクランベリーの2人だけ。
残りはスキルを見ても分かる通り、「味方全体の攻撃力小アップ」ばかりなので、採用には二の足を踏むことが多い。
ただし、他の役割(タンク等)がすでにある場合はこの限りではないので、メインの役割+「味方全体の攻撃力小アップ」を持つキャラを把握しておくとよいだろう。
例:タンクのいちご、サポーター(敵防御力ダウン)のトマト、ヒーラーのアサイーパイン(水着)

味方全体の与ダメージアップ Edit

進化後スキルに「2ターン、味方全体の与ダメージを中アップさせる」効果を持つ。
有志の検証によると「与ダメージを中アップ」はダメージが1.412倍になる。
上書きの恐れがあるキャラはブルーベリーの「自身の与ダメージ大アップ」のみなので、クランベリーよりも使いやすい。

※いちご(水着)は「水着イベント期間」限定キャラなので注意。

次点サポーター Edit

「味方全体の与ダメージ中アップ」以上は、いちご(水着)一人だけ。
残りはスキルを見ても分かる通り、「味方全体の与ダメージ小アップ」ばかりなので、採用には二の足を踏むことが多い。
ただし、他の役割(タンク等)がすでにある場合はこの限りではないので、メインの役割+「味方全体の与ダメージ小アップ」を持つキャラを把握しておくとよいだろう。
例:ヒーラー兼サポーター(敵被ダメージアップ)のライチ

おすすめタンク Edit

いちご_icon.jpg
★6いちご (火/春)
梨_icon.png
★6梨 (土/秋)
ハスカップ_icon2.png
★5ハスカップ (水/夏)

現在のところ、「タンクが1人は欲しい」といった感じで、大抵の敵は上記の誰かがいれば十分戦える。
(※今後難易度が上がって差異が明確になったら編集してください)

大抵は挑発と素のタフさでどうにでもなるが、高難易度ではタンクとしての個性が明確になってくる。

いちごはタンクの中でも一際高いHPと防御力で耐えつつ、全体回復や沈黙攻撃も出来る持久戦向きのタンク
梨は即死級の単体攻撃をスキル一つで対処可能だが燃費は悪い、短期決戦向きのタンク
どちらも刺さる相手にはとことん刺さる性能なので、片方居れば十分というわけでもない。はず。

ハスカップはタンクとして必要な要素が揃っている上に(ガチャ産★6と比べて)入手しやすい優等生。
ただし高難易度においては、★5ゆえのステータス差と全体攻撃・複数攻撃への対処法が無い点が地味に響いてくる。
とはいえ、他のメンバーでフォローすれば大体何とかなる優秀なキャラ。

いくらタンクと言えども、対策無しに不利属性や高倍率の攻撃を受けた場合あっさり落とされてしまうこともあるため注意。

挑発の他、毒・麻痺・被ダメupなどのデバフや被ダメdownや防御アップなどのバフ持ちスキルを使用すると
敵から狙われ易くなるため、タンク役のスキルは積極的に使っていこう。

戦闘が進むとアタッカー等のヘイト値も徐々に上がってきて、タンク以外が狙われてしまう場合も出てくる。
そういうときは挑発スキルを使用して敵の攻撃が味方に行かないようにしよう。
ただし一部には、HPや攻撃力が最も高いキャラを狙うなどのヘイト値以外で攻撃対象を選定する技を持つ敵が存在する点には留意したい。

次点タンク Edit

アボカドとブルーベリーの問題は、ただ一つ「挑発がない」という一点に尽きる。
仕様変更により、進化スキル等でヘイトを稼げるようになったので、全くタンク役を果たせないわけではないのだが、
一部サポーターやアタッカーが彼女たちよりもヘイトを稼いで落とされるという報告が増えてきたため、次点の扱いとした。

ただし、スキル変更や仕様変更、または、ヘイトを稼ぐ武器の実装などで評価が変わる可能性はある。


ライチ_icon.png
★6ライチ (火/春)

おすすめマルチ参照。
編成の制限のかかる高難易度においては、ヒーラー兼サポーター兼タンクとして大きな存在感を発揮する。
ただし、HPが並で、正規の★6タンクの半分〜3分の2しかないことには注意。(スイカよりは上)

お手軽タンク Edit

スイカ_icon2.png
★4スイカ (火/夏)

ストーリー中でも「防御力に定評がある」と言われていたスイカ。
おすすめタンクが引けなかった人はスイカを編成しておこう。

おすすめヒーラー Edit

3名とも通常スキルに「味方一人のHP・MP中回復」、進化スキルに「3ターン、味方全体の被ダメージを中ダウン」を持つ。
タンクでも受けきれないような攻撃や、全体に大ダメージを与えてくるような敵に対して有効。
単体HP・MP回復も、長期戦となるような高難易度では頼もしい存在。

ブラックベリーは通常スキルで回復と同時に攻撃も可能であり、レアリティが★6なのでステータスも高く、
プルーンの上位互換とでも言うべきキャラとなっている。
ダンジョンコイン交換所で交換できるため引きに関わらず入手できるが、デイリーメダルに比べると集まるのが遅いのがネック。

プラムは、「★6版プルーン」又は「火版ブラックベリー」とでもいうような性能。
しかし、交換素材の「プラムの実」の入手が「ダンジョンコイン」よりはるかに難しい。
ドロップする超高難易度の「ベルゼブブ降臨戦」はゲキムズ。そのため、「育てやすい」とは言い難いので注意。


味方の攻撃力を上げるキャラは数多く存在するが、敵の攻撃力を下げられるキャラはなんとこのアサイー一人だけ
味方全体のHPを中回復するスキルはアーモンドも持っているが、同時に敵の攻撃力も下げられるアサイーの方が有効な場面が多い。


ライチ_icon.png
★6ライチ (火/春)

おすすめマルチ参照。
1万もの単体回復だけでもヒーラーとして出色。
それに加えて、編成の制限のかかる高難易度においては、ヒーラー兼サポーター兼タンクとして大きな存在感を発揮する。

おすすめマルチ(万能型) Edit

一つ一つの役職ではおすすめキャラと比べると一歩劣ることがあるものの、一人で複数の役割をこなせるのが特徴。
普段使いはもちろんのこと、高難易度戦など編成に困る場面では人一倍輝く可能性がある。


アタッカー兼サポーター。

彼女の持つスキルは

通常スキル「敵単体防御力中ダウン(2ターン)」
進化スキル「敵単体に物理大ダメージ+被ダメージ中アップ(3ターン)」

スキルを交互に使用するだけでサポーター2人の所を1人で済ませてしまうことが可能。
他のサポーターと併用する場合でも、例えばカムカム等となら自身は通常スキルを使用、トマト等となら自身は進化スキルを使用と融通が利く。
更には★6としての高いステータスを持ち合わせているため落ちにくく且つ有効なダメージ源ともなる。闇属性のため幅広く使えるのも利点。


ライチ_icon.png
★6ライチ (火/春)

ヒーラー兼タンク兼サポーター。

ヒーラーとしては、味方単体を特大回復させることができる。
回復量は1万と高い数値を持ち、戦闘不能にならなければ誰でも一発全回復と言っても過言ではない。
ハード攻略や高難易度ダンジョンでは一撃が重い上に敵のHPが高く、他ヒーラーでは間に合わないことがあるため最有力候補となる。

タンクとしては、防御力が梨、ブルーベリーに匹敵する固さ。HPは、正規★6タンクの半分〜3分の2。
(なお、4凸すれば、正規★6タンク最上位の無凸に匹敵する防御力、HPとなる。)
また、ヘイトを稼ぎやすいヒーラースキルが挑発代わりになる。

通常スキル「敵単体被ダメージ中アップ、味方全体与ダメージ小アップ」も有能。
しかし、「敵被ダメージ大アップ」又は「味方与ダメージ中アップ」のサポーターと併用するときは、それらより前に置こう。

特に、編成に制限の掛かるフルバスの風属性の敵での活躍が報告されている。

おすすめ助っ人 Edit

助っ人は火力によるごり押しでどうにかなる場合が多いためアタッカーを設定しておくのが安定(おすすめアタッカーが有力候補)。
アタッカーは「攻撃力」がそのままダメージに直結するため、可能な限り高い攻撃力にしたほうが攻略の上で優位。
攻撃力4,000超のアタッカーなどは複数回覚醒させたり、高攻撃力の武器を集めて能力開放させたりなど、用意するのが大変であるため助っ人として非常にありがたい。

次点でタンクとイベント特効キャラ。タンクは高難易度プレイ向け、イベント特効キャラはイベント周回向けに需要がある。

サポーターは6番目に配置される都合上本来の役割を発揮し辛く、ヒーラーに関しては自前で用意しやすいため助っ人としては不向き。

以上により十分育成されたアタッカーを助っ人として設定&フォローしておくのが現時点でのおすすめ。
なお、アタッカーは、属性や季節の影響が大きいので、どんなステージでも対応できるように、満遍なくフォローしておくと良い。

初期設定ではオートスキルは通常スキルのままです。
大半のキャラが進化スキル前提なので、しっかりとスキル設定を変えておきましょう。
完全手動ならともかく自動だと悲しみを背負う事になります。

期間限定イベント配布★5キャラクター Edit

復刻の機会が少なからずあると予想される「期間限定ガチャ」キャラクターと違い、プレイ時間を要し、取得機会が少ない「期間限定イベント」の配布キャラクターについては、紹介してこなかったが、ここにも強力なキャラは多い。中にはトップ又は次点クラスのものもあるため、初心者ほど確実に取得して育てたほうが良い。

どう強いのかというと、まず、イベントをしっかりやれば確実に4凸覚醒ができ、また、進化素材も半分なので進化しやすいので、次の利点がある。
・ステータスが高い。
・5つの武器を持たせることが可能。
・武器込みLv100で、★6無凸Lv120に匹敵する性能に達する。
・ラック報酬取得率が80%と高い。★6覚醒完凸が揃うまでの間は、ステージ周回やラックボーナスを狙える。
・主力メンバーを外れた後もふるボッコデッキに組み込みやすい。
スキル的にも外れが少なく、マロンは麻痺持ち万能キャラ、パッションフルーツは麻痺持ち土アタッカー、パイン(水着)は、高性能ヒーラーとして評価が高い。
スイカ(水着)は2019年10月17日時点では数少ない沈黙持ち、スウィーティー(水着)はサポート付き闇アタッカーとして活躍できる。

なお、期間限定イベント開催中は、ボーナスキャラとして、イベントドロップが追加されるので、自ら編成するのはもちろん、「おすすめ助っ人」としても活躍できる。

「配布なんてどうせ大したことないでしょ?」という思い込みは捨てて、しっかり取得・育成していこう。

おすすめふるボッコデッキ用キャラクター Edit

ふるぼっこも育成がすすめば強力なダメージソースとなる。
ふるぼっこに編成した際に参照されるステータスは攻撃力のみ。そしてこれには装備している武器の攻撃力も含まれる。
なので、ふるぼっこに編成するキャラクターには、ストーリーのハードでドロップする攻撃力特化武器(ルイユソード・折れ紅弓・ねじまきステッキ)を解放して装備させよう。
ただし、あくまでもパーティーに編成して使う5人の方が優先。これまでに書かれているような各キャラクターの育成に一段落がついてから取り掛かるのがおすすめ。

果実の塔、創生樹の涙、ダンジョンメダル、デイリーメダル、イベント配布等のフルーツメモリーなしで覚醒完凸できるキャラクターは完凸LvMAX+ハード武器(ルイユソード+・折れ紅弓+・ねじまきステッキ+)5個装備時(+1170)
そうでない、フルーツメモリーでなければ覚醒完凸できないキャラクターは無凸LvMAX+ハード武器3個装備時(+702)の攻撃力の上位をピックアップ。
※ガチャ産★6キャラクターは除く。そのうちの半分前後のキャラクターはガチャ産★5トップのオリーブより攻撃力が高い。各自確認を。

+ 2019-10-19現在一覧

おすすめキャラページ改定時には Edit

複雑なものについては、おすすめキャラ改善案のページで一旦試作を作ってから提案することもできます。
それぞれアイデアを出し合って、多くの人の役に立つ、よりよいページにしていきましょう。

コメントフォーム Edit


コメントはありません。 コメント/SandBox/おすすめキャラ改善案?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-26 (土) 03:45:25